体験学習で英語教育の方針やスクールの特徴をつかむ

早く始めた方がいい!?
こどもの英語教育の必要性

帰国子女が物語るニッポン流英語教育の立ち遅れ

帰国子女などという呼び方をされますが、外国で長く暮らしたこどもたちは、日本に帰国してもなかなか日本の風習や日本人の感覚に馴染めないという現実があります。それはなぜでしょうか。

実は英語教育というのは、言葉を学ぶということだけではなく、思考やライフスタイルなどを一式で吸収していく作業でもあります。

帰国子女と呼ばれる人たちは、見方を変えればそれを体現した人たち。言ってしまえば日常生活で英語を学んできた帰国子女と日本人とのあいだには、それだけの感覚的差異ができてしまうということです。これはまた「日本人の日本人による日本人のための英語教育」をいくらやっても、これからのグローバル社会では役には立たないことを物語っている一面でもあります。

肌で感じ取っていく日本人講師と外国人講師の違い

こどもの英語教育を通じて、帰国子女の事例のような“感覚的差異をつくろう”というわけではありませんが、0才児であろうが9才の小学生児童であれ、英語教育はまず外国人講師と肌で触れ合って、英語という言葉の感覚をつかんでいくことが大事だということを知っておきましょう。

日本人が長年にわたって擦り込まれてしまった文法的教育はそこにはありません。

身振り手振りのボディーランゲージ、日本人なら発想しない物事の捉え方や疑問のもち方、失敗しないための思慮深さより、とりあえずチャレンジしようという積極性が大事というポジティブな実践力など、外国人講師と触れ合うことで、こどもたちにはカリキュラムには含まれていない事柄のすべてを自然と吸収していきます。

肌で感じ取るには、ネットや絵本ではなく体験入学から

こどもを対象とした英語教育のためのスクールは、インターネットスクールや保育型の日本人講師によるスクールまで入れると、実に多くのスタイルがあります。

しかし自宅でのお母さんやお父さんの手を離れて、最初に触れる外界の英語教育は、できる限りスクール型の外国人講師のいるところを対象にすべきです。

小さな時期から外国人と直に触れ合うことで、外国人コンプレックスのような気持に邪魔されず、ごく当たり前の感覚で英語教育を深化させることができます。

人にもよりますが大人になってからの英会話で上達が遅い理由の1つには、この外国人コンプレックスがあります。体験入学を生かして、最適なスクール選びを敢行しましょう。

スクールを選ぶときの7つのチェックポイント